プロフィール

このサイトにお越しくださいまして、ありがとうございます。

五行推命学鑑定士、心理セラピストの米山絵里子と申します。

子どもの頃から常に家庭がゴタゴタしており、10歳の時に両親が離婚。
母と弟と私のシングルマザーの家庭で、家族の揉め事の仲介役をいつも担っていたので、
将来は何より安定を望み、薬剤師の仕事に就きました。

(写真は私ではありません(^^))

 

その後結婚して3人の子どもを産み、
薬剤師の仕事も復帰して安定した収入、「先生」といわれるような好待遇。
特に大きな悩み事があるわけではないのに、
「なんだろう、何かが満たされない…」
という感覚が常にありました。
安定してお給料も入るのに、 気づくとお金がなくなっている…( 誰かが抜いているわけではありません 笑)
バタバタして時間に余裕のない生活…子供 や 夫にもイライラしてばかりいました。

そんな時、 テレビで見かけた心理カウンセリングに興味を持ち、心の世界を学び始めます。
そして、自分の心を見つめる過程で、こんな気持ちがあることに気づきます。

「自分が本当に欲しいのは心やカラダの不調に対して、
薬じゃなく、根本の原因に働きかける知識と技術。
得意なことを活かして人を幸せに出来る仕事。
自由な時間と心の余裕。
我慢しない人生…。」

そんな自分のなかの気持ちに気づいた途端。
それまで一度も感じたことがなかったのに、職場に行くと息が苦しい、
喉が詰まるような感覚を感じるようになります。

「カラダの声は潜在意識の声。
これが私の本当の思い…この声に従えばいいんだ。」

高校でも大学でも勉強を重ね、独り身の母に学費を出してもらい
奨学金も借りて手にした薬剤師の資格でしたが、
その声と繋がるようになった私は、導かれるように薬剤師を辞め、
さらに様々な思いや感情を癒し、解放していった結果、新たな行動を重ね、
これまで体験したことがない、新たな世界を次々と知ることになります。

そして、想像もしなかった体験の数々を私に与えてくれた
「心理セラピー」を使って、 奥の奥から自分を理解して癒すことで 、
自然と人生が幸せな方向へ変わっていく。
そんな体験をする人を世の中にいっぱいにしたい、という思いで、
セラピーサロンを開業しました。

 

現在に至るまで体験せざるを得なかった出来事、 今ある悩みや葛藤。
それらの影の体験は、人生のどこかのタイミングで適切なケアを行うことで、
その後の人生を真に自分を満たしてくれる、命が望む体験へと、変化させることができます。

セラピー先進国と言われるイギリス在住セラピスト、溝口あゆかさんから学んだテクニックを基に、
私がこれまで行ったなかで本当に効果があると実感出来たテクニックを盛り込み、
身体、 脳、エネルギー領域に働きかける本物の「心理セラピー」を行っています。

年間100名以上のセッションを担当。
「パニック障害で乗り物に乗れなかったのが乗れるようになりました!」
「辛かった仕事を辞めて起業することが出来ました!」
「幻覚や過呼吸が改善しました!」
「ストレスからの自律神経の不調で休職を余儀なくされ、通院しても改善せず途方に暮れていましたが、改善し仕事復帰。理想以上のパートナーにも出会うことが出来て、とても満たされています!」
等々、嬉しいお声を頂いています。

新潟県佐渡島出身です(*^^*)

 

「もう少し絵里子さんのことを詳しく知りたい!」「この人ほんとに信頼して話していいの?」等々、思われる方がいらっしゃいましたら(#^^#)
私のことを少しでも知って頂いて安心して頂けるよう、もう少し詳しい自己紹介がこの下にございます。少々長くなりますが、よかったらご覧ください。

 

***********************************************************************************

 

 

・家庭がガタガタ。部屋で一人でよく泣いていた子ども時代

父方の家に祖父母、父母、弟と暮らしていましたが、父は仕事であまり家におらず、祖母からいじめられていた母はそのストレスからか、色々なことをしていたので(まだ健在なので伏せます)とても苦しかったです。その苦しみを話せる人がいなかったので「なんでうちは普通じゃないんだろう。普通の家がいい。」と部屋で一人でよく泣いていました。毎日悪夢を見ていたので、祖母から「この子何かに取りつかれてるのでは?」と心配されていて、自分でも原因がわからず恐怖を感じながら、自分が感じている家族における苦しみは誰にも伝えられませんでした。

・父母が離婚。母方の祖母と母と弟と暮らし始める

父の事業がうまくいかず、借金を返すために父が出稼ぎに出たのをきっかけに、父母が離婚。母方の祖母と母、弟と私で暮らし始めました。この頃も母の男女関係の問題や弟の問題など色々あり、私は子どもながらにその仲裁をしたり問題解決役でした。お友達には恵まれていましたが、私だけお父さんがいないなあとコンプレックスを抱えていました。甘えたりお願いごとをするのが苦手で、欲しいものを欲しいといえなかった私は、祖母の財布からお金を抜いていたときもありました。(あーひどい、恥ずかしい)

 

・祖母の家を出て母と母の恋人と弟と暮らし始める

母の恋人なのか説明はないまま微妙な関係の暮らしがスタート。この頃も母が家出してみたり、弟が停学になったり、絶えず問題事があり、母と弟の仲が悪かったので間に入って取り持ったり、この頃もやっぱり問題解決役でした。最近落ち着いてるなあと思うと次の問題が起きるので、最近落ち着いていると思うこと自体が怖いと感じていました。

 

・薬剤師になるため薬学部に入学する

子どもの頃からピアノを習っており、ずっとピアノの先生になるつもりでしたが私の実力では難しいことに気づき、新たな職業を模索し始めます。何か人の役に立つ仕事がいい、そうだ病院!血とかは苦手だから薬剤師、安定してそう、うん!化学も好きだし、と思いつきます。負けず嫌いでよく勉強していて学校の成績もよかったので、推薦入学で薬学部に入学しました。

そして一人暮らしが始まり、この間も家族のゴタゴタはあり母と電話で話し込むこともありましたが、一緒に暮らさなくなったことは大きく! 家族から解放されて、大学生活を楽しみます。ただやっぱり負けず嫌いだったので、猛烈に勉強して卒業式では表彰台に上がりました。今思えば、自分の価値を良い成績を取るということに見出していました。決して勉強が好きだったわけではありません。

 

・総合病院に就職。院内で結婚。長男出産を機に育児法にはまる。

薬剤師になったからには、結婚して子供を産んでも復帰して、仕事と育児と両立させてくぞーー!と100%思っていたつもりでしたが・・・出産を機にガラリとその人生観は変化。この子に私のできる限り、最高の育児法を!!と思い、いろんな子育て関係の講座に行きまくります。1年の育休期間が終了する時に、復帰が本当に嫌になり、退職の意思を伝えたところ女上司からめちゃくちゃ怒られ、とりあえず次の新しい方が来るまで半日のパート勤務として働くということで仕事復帰します。仕事している間は夫の両親に長男を預けていたのですが「こんなもの食べさせちゃったの??」みたいに自分の意に反する対応をされることにストレスを感じるほど、ガチガチ育児マインドでした。右脳系とか栄養系、アドラー、シュタイナー、モンテッソーリなど興味が湧いたもの色々学んでました。

 

・専業主婦になり長女を出産。どっぷり子育てに浸かる。その後パート復帰。

長男は神経過敏なタイプでなかなか育てにくかったので、さらにさらに子育てについて講座や書籍で学びを続けます。そして園舎を持たない年中野外で活動する森のようちえんに魅力を感じ、長男入園。その後長女も生まれ合計5年間、森のようちえんに通います。幼稚園なので預かりは最高16時まで、毎日山までの送迎(冬は雪山)、毎日お弁当、月1で園の活動ボランティアで、最後3年間は調剤薬局のパート勤務との両立だったのでしんどいなあと思いながらも、豊かな自然とそこで元気よく遊ぶ子どもにパワーをもらいながら両立を続けました。

 

・2年がかりで夫を説得し3人目出産。

「子どもは2人でいい。」という夫を2年がかりで説得し、パート勤務を続けながら3人目となる次女を出産します。説得するのに、当時興味があって受けてみたヒプノセラピー(催眠療法)を受けたその日に夫にお願いしたらOKに!!びっくりでした。

 

・パート復帰。何かが満たされない。

次女が1歳になった時に保育園に預け、調剤薬局にパート復帰します。毎月安定したお給料が入る生活。
保育園は楽だし、職場もすっかり慣れて、特に大きな悩み事があったわけではなかったのですが、なんだろう、何かが満たされない・・・という感覚がありました。

そして安定したお給料が入っているはずなのに、自分の気を晴らすものに使ってしまい、いつもお金が余裕のないような状態。

なんだろう、なんで満たされない感じがするんだろう・・・と日々感じながら暮らしていた時に、ある日、テレビで活躍している心理カウンセラーさんを目にしました。その心理カウンセラーさんが、相手に言葉を投げかけると、その相手は「は!」と驚いた表情をし、その後泣き崩れます。すごく大きな気づきを得たようで、泣いた後は明るく晴ればれとして、まるで別人のような顔つきになっていました。

それを見て「えー!!すごい!!」と心のことに興味を持った私は、心理セラピーや運命鑑定、ボディーセラピーなど、自分を知るためのもの、自分を癒すものを受けまくりました。

 

・ある日職場に行くと息が苦しい。辞めることを決心。

職場は人間関係もよく、内容も負担ではなかったのですが、とにかく朝のバタバタがキツイ・・・。敏感な長男は学校に行きたくない日はグズり、それでも2人学校に送り出してから、保育園経由で通勤。普通の人であれば何のことはない生活だと思いますが、セラピーを受けたり、五行推命を受けた時に、この朝のあれこれが、自由人タイプで時間のやりくりが苦手な私にとっては、とてもストレスなことに気づきます。鑑定で「あなたは自由に生きたほうが花開くよ。」と言われた言葉に衝撃・・・。そんなこと思ってもみなかった・・・。そして本当の自分に気づいた途端、職場に行くと息が苦しくなるように。ああ、身体に出てる、もうだめだなあと思い、仕事を辞めることにしました。

 

・さらに色々習いまくる。そしてまさかの起業。

薬局を辞めた後も、さらにさらに興味のある講座、セラピーを受けまくります。そして求職期間ということで保育園に預けられる4カ月が過ぎ、仕事に就くか、保育園を辞めるかの選択が迫られます。

こんなにセラピー習いまくってるけど、これを仕事になんて1ミリも想像も出来ない。父親が事業で失敗して出稼ぎに出ていくのを機に離婚した家庭で育っているので、私にとって自営業は恐怖でしかない。けど、また薬剤師として働くのは同じことの繰り返しになる、でも保育園辞めなきゃいけないのは嫌、どうしたらいいんだろう???という迷いのなか、脳のいらない情報をクリアにするセラピーを受けたあとに「あれ?なんでそんなに自営業怖いって思ったんだろう。そうでもないかもしれない。」という思いが浮かび、セラピストさんが「今日の帰りに税務署に寄って、開業届の用紙だけもらっておいで。用紙もらうだけでいいから簡単でしょ。」という言葉のとおり、用紙だけもらいに行き、そしてそこから開業する運びになりました。

 

・セラピストとして活動していくつもりが。まさかのネットワークビジネス活動開始。

保育園も無事継続でき、起業してモニターを募りながら、また資格の勉強もしながらセラピストの活動を始めましたが、友人からリゾートのネットワークビジネスの話が舞い込みます。

「何もしなくてもお金が増えるのは魅力的。リゾート地に行ける権利も魅力的。でもなんか怖い。」と迷いに迷って決められず、どこかから答えが降ってこないかなあと身を任せたところ・・・いろんな場面でゴーサインが。そうなのお!?と戸惑いながらも、本の知識から、こういう時は頭で考える答えじゃなくてこういう感覚でキャッチする答えを選択したほうがいいいんだったよな、と思い、ここでも一大決心してこのネットワークビジネスを始めます。

最初は全く持って愛用者でいいと、ビジネスの活動をする気はありませんでした。それはセラピストとして活動するのに、ネットワークビジネスの活動をしていたらイメージがよくない、信用されなくなってしまう、という恐れがあったからです。ところが、説明会などで会社の人たちとお会いするうちに、私の欠点と思われるところさえ、そこがいいよ!と受け入れてくれるその方たちのことが大好きになり、権利を使ってリゾート地に遊びに行って見たこともないほどの綺麗な海で楽しく過ごしたり、そして収入も頂けるというこのビジネスが大好きになり、一生懸命このビジネスに打ち込むようになりました。

 

・いくつかのタイトルを獲得しリーダーの役割に。そしてセラピストの活動を本格的に再スタート

ネットワークビジネスは本当に苦手な私でしたが、とにかくこの商品が大好きだったため、どうしたら効果的に商品の良さが伝わるかを追求したくなり、1年間毎月東京までビジネスの心理学の講座にも通ったり、コツコツ継続していたところ、どんどんグループ人数が増えていき、いくつかのタイトルを獲得しグループのリーダーに。収入も薬剤師時代より多くなり、これまで出来なかったことをやれたり、家とは別の場所に自分のサロンを持てたり、リーダーになっていろんな成長の機会も頂き、楽しく活動していたのですが、この活動をしながらも継続はしていたセラピストとしての活動にもっと本格的に打ち込みたいという思いが湧いてくるようになりました。それは、グループのメンバーさんがこのビジネスを頑張りたい!と言いながら、心の中ではそう思っていない、別のことを求めてこのビジネスに携わっている、などその人の心理が読み取れるようになってきて、そういうメンバーさんにはビジネスを辞めて本当に自分がやりたいことに気づいてほしいということをどうしても伝えたくなってきてしまうことがあり、その人の紹介者に迷惑をかけてしまうことがあったからです。今、私のやりたいことは、その人が本当の自分に気づいて輝いて生きていくサポート、悩みから解放されてその人が自分の本質からのエネルギーにに気づく瞬間を共有できる喜び、私の才能は最もここで活かされるんだ!という気持ちに自分が変化していることに気づかされました。

そして現在はグループのメンバーさんには必要な情報提供とサポートは続けながら、大きな活動は別のリーダーさんにお任せして、セラピストとしての活動に打ち込んでいます。

 

 

・自分の本質を知り、人生を好転させてほしい。今起きている現実をなんとかしようと自分をすり減らすよりも、自分の内をみていくことで想像以上の現実が起きることを体験してほしい。

自分で自分のことはわからないものです。それは、ここまで生きてくるまでに、親に、学校に、社会に適応できる自分になるようにして生きてきたから。自分の感覚、自分の本当の思い、願いは後回しにしてきたので、本当の自分がわからなくなってしまいます。

私も、子ども時代は自分の意見を言って親を困らせないように、優等生でいることで自分の価値が感じられるように、母親として子どもに出来るだけ良い環境を与えられるように、とその都度自分を変化させて適応してきましたが・・・本当の自分はいつも楽しくしていたい、いつも自由でいたいし、自由に自分を表現したい、家庭に興味を向けるタイプじゃなく社会に出て活躍したい、そこで人の役に立ちたい、なんでも興味を持つのでお金はどんどん使うがまた入ってきてまた使うから貯金は難しい、お父さん、お母さん、パートナーは自分にとってこんな存在・・・等々。持って生まれた本質を知ると、自分を最高に理解してもらえたような喜びと感動の感覚が体験できるかと思います。やっぱりどこかで自分はなんでこうなんだろう、だめなんじゃないかとか、思ってしまうようになっているので。

そうして自分の持って生まれた本質を知ることで、自分を制限していた”枠”が外れ、新しい可能性、新しい思考が見えてきます。
ですが、これまで慣れ親しんでいない考え方、選択を取り入れようとすると、セッション直後はポジティブだった思考が、時間が経過し日常に戻るとどうしても元の自分に戻ろうとする働きが起こります。それは出来事だったり、身近な人からの言葉だったり・・・。
なので、心理セラピーで深層心理に働きかけ、自分を重くするもの、ブレーキをかけているものを丁寧にみていき、真の癒し、真の変化を起こしていきます。

今自分の周りに起きている現実に迷い、悩み、なんとか周りを変えようと自分をすり減らすよりも、自分の内の自分ではなかなか気づけない領域の思い、感情をみていくことで、想像以上の現実が起きてくるということ、人生は自分の好みに創造していくことができる、ということを一人でも多くの人に体験してほしいと思っています。

これまでに、私の鑑定、セラピーを受けてくださったクライアント様は、本当にやりたいことを見つけることができてそれを形にしていっている方、パニック障害、鬱病、失語症の症状改善、人間関係のトラブル解消、パートナーとの関係改善、不登校改善、子育てのイライラ改善など、皆さまが変化していく姿を見せてくださっていて、私はこの仕事にやりがいと大きな喜びを感じています。一人がこのように自分と向き合い、本質に目覚める機会を持てたら、その周りに与える影響はとても大きく、そうやって幸せなエネルギーがどんどん循環していくとそれがまた思いもよらぬ嬉しい形で返ってきて、人生の中に喜びと感動を生み出していけると思っています。

私と一緒に自分を見つめて、好みの人生を創造していきませんか?

長い長い文章を、最後まで読んでくださって、心から感謝しています。

ありがとうございました。

セラピーサロンAriel 米山絵里子